« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の2件の記事

松島・塩釜。ああ素敵。

Cimg0427 日本三景のひとつ、松島に足を運びました。
松島といえば、奥の細道を歩いた松尾芭蕉です。

松尾芭蕉と歩いたのは、河合曾良ですが、私と今回歩いているのは友人Tさん。
どちらが、芭蕉?曾良?なんてことは無く、「うっかり八兵衛」がダブルなだけです。

なので、とにかく食べるのがメイン(汗)

松島といえば海。海といったら船。船といったら遊覧船と安直な考えで乗り込みます。

いい景色です。カモメも舞っています。心和みます。

そして船から降りたら、五大堂、瑞巌寺(伊達政宗公の菩提寺)へと。

でも、早くも名所見学終了~。

「ご隠居、おいしそうなもの見つけました~!」とみやげ物屋さんに直行!!

揚げかまぼこのお店です。炭火もあって、一休みに最適です。お、おいしい~。当たりな味です。でかしたぞ、八! どちらも八兵衛ですが…。

そして、その足で塩釜市に。お寿司をいただくためです。寿司街道キャンペーンとかで、JRなどが企画されているイベントがあるんですが、そのうちの一店に。 海の見える席で、カモメを眺めつつ、アナゴや金華サバ・海鮮ちらしや莫久来(ばくらい)…ホヤにこのわた(ナマコの内臓の塩辛)を合わせたものを戴きながら昼から、おビールを。

ああ~、極楽。

こんなに美味しいばくらいは初めて戴きました。

塩釜のお寿司は、ガイドブック通りに美味しいものでした~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

独眼竜の国に。

春に引き続き、この秋も宮城県に一泊二日の旅をしてきました。

今回も、電車移動なので、その時々の気の向くままにあちこちへ。Cimg0459

そのなかで、ヒットのひとつが「サン・ファン館(宮城県慶長使節船ミュージアム)」でした。

こちらの目玉展示は、かの伊達政宗公が建造し、なんと1613年の当時に早くも日本~ヨーロッパへと航海をした黒船を復元された帆船なのです。しかも、内部に入れるんですよ~。

内部に入って、まず口からもれたのは、「でけーな」(笑)。

それと大砲や銃・クロスボウと某RPGのようなウェポンも見受けられます。自分ながら、こういう発想が、なんともはや。

それから、カマドもありますね。生活の基本ですもね、煮炊きは。

そうそう、面白い解説がありました。「当時の渡航時は野菜不足などで壊血病などが多かったが、この船には仙台味噌が持ち込まれていたようで、そのため避けることができたようだ。」と。

日本人なら、やっぱり米と味噌ですよねと、妙に納得して帰りましたよ(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »